Jメールでパパ活する4つのメリットとは?使ってはいけない人の特徴も解説

Jメールパパ活

Jメールは様々な目的で利用できる出会い系サービスのため、パパ活目的で利用することも可能です。

本記事では、Jメールでパパ活をするメリットや、Jメールでパパ活をする方法を詳しく解説します。

Jメールと一緒に利用できるおすすめのパパ活アプリも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

トップP活女子に聞いた!パパ活アプリ・パパ活サイトおすすめ人気ランキングパパ活アプリおすすめランキング❤️月収700万P活女性に聞いた安全で人気なサイト比較紹介

Jメールでパパ活はできる!

Jメール
サービス名ミントC!Jメール
運営企業有限会社エムアイシー総合企画
会員数1000万人
月額料金(男性)都度課金 最大1,000円分の無料pt
月額料金(女性)完全無料
ミントC!Jメールの基本情報

Jメールは、恋活や婚活をはじめ、趣味友達や相談相手探しなど、様々な目的で利用できる出会い系サービス。多目的な出会いができるため、パパ活を目的とした利用も可能です。

会員数1,000万人以上で出会いのチャンスが豊富にあるため、理想の相手や条件の合う相手を見つけやすいのがJメールの大きな特徴です。

またJメールは、様々な機能を活用して多種多様な出会い方ができます。誘い飯掲示板やライブ配信、日記・つぶやき、おしゃべりコーナーなど、出会いのコンテンツは盛り沢山。

運営実績は20年以上の老舗出会い系サービスなので、運営のサポートも万全のため安心して利用できる点も嬉しいポイントです。

Jメールをパパ活に使う3つのメリット

Jメールをパパ活に使う際のメリットは、以下の3つです。

  • 地方でも出会いやすい
  • 専用アプリより競争相手が少ない
  • 男女ともにレベルの高い相手が多い

それぞれのメリットについて、詳しく解説します。

地方でも出会いやすい

パパ活アプリの会員数は100~200万人前後がほとんどですが、Jメールの会員数は1,000万人以上で、会員数が多いのが特徴です。会員数が多いと、その分、出会いのチャンスが豊富にあるというメリットがあります。

特に、好みのタイプがはっきりしている方や、絶対に譲れない条件がある方は会員数の多い出会い系サービスがおすすめです。

また、出会い系サービスは都心に利用者数が集中している傾向がありますが、Jメールは会員数が多いため地方でも出会いやすいという特徴もあります。

地方であっても出会いのチャンスが多くあるため、相手に妥協することなく、パパ活が行えるでしょう。

専用アプリより競争相手が少ない

Jメールは恋活や婚活にも利用される出会い系サービスのため、パパ活アプリよりもパパ活の競争相手が少ないという特徴があります。

パパ活アプリには、パパ活を目的とした男女が集まっているので、お金持ちの男性や若くて容姿の優れた女性などの人気会員は、たくさんアプローチを受けます。

そのアプローチの中から、より魅力的な相手を選ぶため、なかなかマッチングできないこともしばしば。

一方でJメールでは、パパ活メインの出会い系サービスではないので、その分ハードルが下がり、パパ活アプリより出会いやすいでしょう。気になる相手がパパ活目的ではなくても、自分でパパ活相手を育てることもできます。

男女ともにレベルの高い相手が多い

Jメールは、男女ともにレベルの高い相手が多いことにも定評のある出会い系サービスです。

女性の年齢層は20代が最も多く、可愛い系から綺麗系まで幅広いジャンルの女性が登録しているので、若くて容姿の優れた女性に出会えます。

男性の年齢層は30代が最も多く、会社経営や役員、医者や弁護士など様々な職業の方が登録しています。

特にJメールは、パパ活アプリと比べて男性の年齢層が低いので、できるだけ年の近い男性と出会いたい女性におすすめです。

また、運営実績20年以上誇る老舗出会い系サービスのため、安全で利用できる点も嬉しいポイント。会員の行動データを分析し、不正利用・悪質業者の取締りも徹底しているので、業者も少ないという特徴があります。

Jメールでのパパ活がおすすめな人

Jメールでのパパ活がおすすめの人は、以下の通りです。

  • 【男性】初期費用を抑えたい人
  • 【男性】いろんな女性と会いたい人
  • 【女性】地方でパパ活を始めたい人
  • 【女性】専用アプリでは良い相手が見つからない人

それぞれのおすすめな人を詳しく解説します。

男性

男性でJメールでのパパ活がおすすめな人は、以下の通りです。

  • 初期費用を抑えたい人
  • いろんな女性と会いたい人

Jメールは会員登録が無料で、男性の初回登録では最大1,000円相当のポイントがプレゼントされます

ログインボーナスもあり、無料でもらえるポイントが多いので、初期費用を抑えたい方やお得に出会い系サービスを利用したい方におすすめです。

また、Jメールは様々な目的で利用されるため、パパ活アプリでは出会えない女性と出会える点も大きなメリットです。

女性

女性でJメールでのパパ活がおすすめな人は、以下の通りです。

  • 地方でパパ活を始めたい人
  • 専用アプリでは良い相手が見つからない人

Jメールの会員数は1,000万人以上で、全国に登録者がいるため、地方でパパ活を始めたい方におすすめです。

特に、条件の一致が大切になるパパ活で、出会いのチャンスが多い点はJメールのメリット。

またJメールは、パパ活が目的ではない会員も多く登録しているので、パパ活アプリでなかなか出会いがない方にもぴったりです。

Jメールでのパパ活すべきでない人

Jメールでのパパ活をすべきでない人は、以下の通りです。

  • 【女性】大人なしでパパ活したい人
  • 【女性】太パパを見つけたい人
  • 【男性】業者に引っかかりたくない人

Jメールでのパパ活は、大人ありの場合が多いため、大人なしでパパ活をしたい方は注意が必要です。もちろん大人なしでもJメールでパパ活を行えますが、大人ありの方が出会いやすいという特徴があります。

また、Jメールはパパ活メインの出会い系サービスではないため、お手当相場を知らない人も多く、お手当が低い傾向も。そのため、Jメールで太パパを見つけたい方や少ない回数でお金を稼ぎたい方は注意しましょう。

さらにJメールに限らず、出会い系サービスでは業者やキャッシュバッカーなど、悪質なユーザーが存在するので、男性は注意が必要です。

Jメールでのパパ活のやり方ガイド

Jメールでパパ活をする際には、以下の項目にコツがあります。

  • 自己紹介・プロフィール
  • メッセージ

それぞれの項目について、パパ活のやり方を詳しく解説します。

自己紹介・プロフィール

Jメールでパパ活をする際には、自己紹介やプロフィールをきちんと設定することが大切です。自己紹介やプロフィールを設定すると、相手に自分の人となりが伝わりやすくなるというメリットがあります。

そのため「実際に会ってみるとイメージと違った」といったミスマッチを防ぐことも可能です。

ところがJメールでは、露骨にパパ活を思わせる言葉は規約違反になり、制限がかかる可能性があるので注意しましょう。特に以下のような言葉は、Jメールで使わないことが大切です。

  • パパ活、P活
  • 援助
  • ホ別○万
  • 大人の関係
  • 借金 など

できるだけ言葉をぼかして、自己紹介やプロフィールを作成するようにしましょう。

メッセージ

ほとんどのパパ活アプリでは「いいね」を送り合い、マッチングが成立したらメッセージのやり取りが行えます。

ところがJメールでは、マッチングなしで気になる人にメッセージを送れるので、マッチングまでの手間を省き、効率的に相手を探せます。

Jメールで自己紹介やプロフィールを作成したら、相手を検索して、気になる人にメッセージを送りましょう。メッセージでは、挨拶や自己紹介をきちんと行い、敬語を使うと好印象です。

相手のプロフィールをしっかりと読み、趣味や職業、居住地などの質問を加えると返信率がアップするのでおすすめ。

またJメールでは、ご飯を食べる相手を探す「誘い飯掲示板」があるので、すぐに会える人を探したい方は誘い飯掲示板の利用をおすすめします。

Jメールでパパ活する時の注意点

Jメールでパパ活するときの注意点は、以下の3つです。

  1. パパ活を明記しない
  2. パパ活目的のユーザーを探す必要がある
  3. お手当相場が低め

それぞれの注意点を詳しく解説します。

①パパ活を明記しない

Jメールは、パパ活目的でも利用できますが、露骨にパパ活を明記すると規約違反の対象になる可能性があります。

特に「金銭でのやり取り」を匂わせると、悪質なユーザーと判断され、利用制限がかかる恐れがあるので注意しましょう。

できるだけパパ活の直接的な表現をせずに「応援してくれる人」「食事をしてくれる人」など、言葉をぼかすのをおすすめします。

②パパ活目的のユーザーを探す必要がある

Jメールは、恋活や婚活、友達探しなど、様々な目的で利用される出会い系サービスなので、会員全員がパパ活前提で活動しているわけではありません。

そのため、Jメールでパパ活相手を探す際には、まずパパ活目的のユーザーを探す必要があるので注意しましょう。

一方でJメールには、パパ活アプリでは出会えない人と出会える、パパ活相手を育てられるなどのメリットもあります。

③お手当相場が低め

Jメールは、パパ活メインのサービスではないので、パパ活に詳しくないユーザーがほとんど。お手当相場を知らない人も多く、お手当が低い傾向があるので注意しましょう。

ただし会員数が多くて出会いやすいメリットはあるので、たくさんパパ活を捕まえてコツコツとお金を稼ぎたい人にはJメールがぴったりです。

Jメールと一緒に使いたいおすすめパパ活アプリ

Jメールと一緒に使いたいおすすめパパ活アプリは、以下の通りです。

  1. Paters(ペイターズ)
  2. paddy(パディ)
  3. Love&(ラブアン)
  4. PJ(ピージェイ)
  5. SugarDaddy(シュガーダディ)

それぞれのパパ活アプリについて、特徴やおすすめポイントを詳しく解説します。

1.Paters(ペイターズ)

Paters(ペイターズ)
サービス名Paters(ペイターズ)
運営企業株式会社paters
会員数200万人
月額料金(男性)12,000円/月
月額料金(女性)完全無料
Patersの基本情報

Paters(ペイターズ)は「会うための機能が豊富にある」点が魅力のパパ活アプリです。

ペイターズでは、すぐに会える相手を探せる「今すぐデート機能」や、空いている日時から相手を探せる「日付でデート機能」があります。

メッセージでやり取りをしなくても、会うことを前提に相手を探せるので、効率的にパパ活を行えるでしょう。

また、ペイターズ内で会う約束をすると、約束中は相手のブロックができない「約束機能」があります。約束機能を使えば、会う約束をしたにも関わらず、ブロックされて連絡が取れなくなる、などのトラブルを防げます。

こうした機能の特長から、ペイターズは、隙間時間からパパ活をしたい方や、ドタキャンをされたくない方におすすめなアプリと言えます。

2.paddy(パディ)

paddy67(パディロクナナ)
サービス名paddy67(パディロクナナ)
→paddy(パディ)に名称変更
運営企業株式会社osuly
会員数130万人
月額料金(男性)10,800円/月
月額料金(女性)完全無料
paddy67の基本情報

paddy(パディ)は「ミスマッチを防ぐための機能が豊富にある」点が魅力的なパパ活アプリです。

パディには、相手が「いいね」を送る際に答えなければいけない質問を最大3つまで設定できる「質問付きいいね」機能があります。あらかじめ、譲れない条件などを質問に設定しておけば、条件が合わないなどのミスマッチを減らせます。

また、会員の過去の通報内容の確認ができ、詐欺行為や無断ドタキャンの履歴がないかをチェックできます。

検索結果に自分のプロフィールを非表示にしたり、足跡がつかなくなったりするシークレットモードを無料で利用できるのも、パディの大きな魅力です。

こうした機能の特長から、パディは、ミスマッチを減らして効率的にパパ活をしたい方や、身バレを防ぎたい方に向いているアプリと言えるでしょう。

3.Love&(ラブアン)

ラブアン
サービス名Love&(ラブアン)
運営企業株式会社Blueborn
会員数70万人
月額料金(男性)5,980円/月
月額料金(女性)完全無料
Love&の基本情報

Love&(ラブアン)は「プロフィールに動画を登録できる」点が画期的なパパ活アプリです。

ラブアンでは、プロフィールに写真だけではなく動画を登録でき、実際に動いている姿を相手にチェックしてもらえます。動画は加工が禁止されているので、写真詐欺などのミスマッチを防ぎ、スムーズにパパ活が行えます。

また、プロフィールに動画を設定することでラブアン内で目立てる、という女性側のメリットもあります。

さらにラブアンでは、特に気になる相手には「いいね」ではなく「バラ」を送ることができ、特別なアプローチも可能です。

そのため、ラブアンは、写真詐欺に引っかかりたくない方や、自分から積極的にアプローチをしたい方に特におすすめです。

4.PJ(ピージェイ)

PJ(ピージェイ)
サービス名PJ(ピージェイ)
運営企業株式会社エクリプス
会員数10万人以上
月額料金(男性)9,000円/月
月額料金(女性)完全無料
PJの基本情報

PJ(ピージェイ)は「パパ活をしやすくする便利な機能がたくさんある」点が特徴的なパパ活アプリです。

ピージェイでは、年齢や居住地などの基本プロフィールの他に、交際スタイルやデートの希望、フリーワード、会員ステータスなど詳細な項目で検索ができます。

パパ活は条件の合う相手探しが大変ですが、ピージェイの検索機能を利用することで、効率的に相手を見つけられるでしょう。

また、メッセージのやり取りをしている相手ごとに自分だけが見られるメモを作れる「メモ機能」や、定型文を保存できる「テンプレート機能」もあります。

そのため、複数人とやり取りをしていても、相手の情報が混ざることなく、メッセージを送れます。

5.SugarDaddy(シュガーダディ)

SugarDaddy(シュガーダディ)
サービス名SugarDaddy(シュガーダディ)
運営企業シナプスコンサルティング株式会社
会員数170万人
月額料金(男性)5,980円/月
月額料金(女性)完全無料
SugarDaddyの基本情報

SugarDaddy(シュガーダディ)は「男女のレベルが高いこと」が魅力的なパパ活アプリです。

シュガーダディの男性会員は、会社経営や会社役員、オーナー、医師、弁護士などが多く登録しています。

また、有料会員と年収証明が完了している会員がプロフィール上でチェックできるので、よりお金持ちの男性を簡単に見つけることができます。

シュガーダディの女性会員は、20代が約8割を占め、学生やOL、モデル、芸能関係など様々な女の子が登録しており、可愛い子が多いという評判があります。

そのためシュガーダディは、質の高い相手との出会いを求めている方に特におすすめです。